XMのFX口座開設方法を教えます

国内FXよりもトレーダーの利益に寄り添い、

海外FXの中でも定番、王道と多くの日本人トレーダーに支持されている、XM。

口座開設の方法を、これから詳しく紹介していきます。

 

<①氏名等と、取引口座情報を入力>

XMで口座開設するには、まず、下のバナーをクリックします。

クリックすると、以下の画面が出てきます。

・下の名前、姓(苗字)は、ローマ字で入力します。

・居住国、希望言語は、JAPAN、日本語を、それぞれ選択します。

・電話番号は、+81に続けて、最初の0(ゼロ)を抜かして入力します。

・Eメールは、1人につき1つのみ利用できます。

 

ここで、電話がかかってくることは通常ありませんが、

Eメールは、XMからの通知が届きますので、いつでも確認可能なアドレスを入力してください。

 

取引プラットフォームの選び方

取引プラットフォームには、MT4とMT5があります。

MT5の方が、応答速度が速く、暗号通貨の取引も選べ、便利です。

 

ただし、インフォトップ等で販売されている、

独自のシグナルツールや、自動売買ツールを使う場合、MT4のみ対応が多いので、

この場合に限り、MT4を選択します。

 

自動売買ツールで勝ち続けるのは難しく、

裁量ならMT5でも様々なインディケータを利用できることから、

個人的には、MT5で口座開設をおすすめします。

 

口座タイプの選び方

XMの口座には、スタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座の3種類あります。

通常は、1lot=100,000通貨の、スタンダード口座を選択します。

 

マイクロ口座は、数千円しか用意できないような時には便利ですが、

1lot=1,000通貨と取引単位が小さく、ほとんど利益を出せません。

初期費用で数万円が用意できないなら、その数万円については、

FXとは別の方法で用意した方がいいと個人的に思います。

 

Zero口座は、最低10万円以上必要ですが、スプレッドが狭いのが特徴です。

スキャルピングには便利ですが、

スタンダード口座やマイクロ口座ではかからない、

取引手数料がかかってしまい、手数料を考慮すると、

スタンダード口座と比べて特段のメリットもないと感じます。

 

今すぐ口座開設(下のバナーをクリック)

 

<②生年月日、住所等の入力>

生年月日、住所は、のちに提出する、

本人確認書類、住所証明書類と同一である必要があります。

 

従って、証明書に記載と同一にしましょう。

 

ここで、住所は、英語で入力する必要があります。

日本語と英語で、住所の書き方が異なります。

このサイトを参考にするか、

「住所 英語 書き方」などのキーワードで検索すると、

英語での住所の書き方が出てくるので、

必要であれば、参考にしてください。

 

<③取引口座詳細の入力>

取引口座の入力、ここは結構重要です。

・口座の基本通貨は、JPYを選択します。

(入出金をJPYで行うので、当たり前ですね)

 

レバレッジは、最大888倍まで選択できます。

私は300倍になってますが、888倍まで目いっぱい上げても、

実際の取引時にロット数を上げすぎなければ、危険はありません。

 

むしろ、25倍や50倍と言った、低いレバレッジにしてしまうと、

強制ロスカットにかかりやすくなるデメリットが大きくなります。

 

個人の趣味にもよりますが、レバレッジは200倍以上をおすすめします。

(なお、通貨ペアによって、ここで設定したレバレッジと無関係に、最大レバレッジが制限される場合があります)

 

・口座ボーナスは、受け取ってください。

受け取らなかったからと言って、他に有利になる点はありません。

 

<④投資家情報、パスワードの入力>

投資家情報は、かんたんなアンケートと思って入力すれば大丈夫です。

この内容によって、口座開設の審査に影響するわけではないので、

正直に入力してください。

 

ただし、

投資額(USD)は、0-20,000 を選択してください。

20,001以上を選択すると、最大レバレッジが制限されてしまいます。

もちろん、実際に20,001 USD相当以上の金額を入金するのであれば、

正直に、実際の入金額を選択します。

 

パスワードは、大文字、小文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。

また、#などの特殊文字は使用できません。

 

今すぐ口座開設(下のバナーをクリック)

 

<⑤本人確認書類をアップロード>

その前に、まず認証

全ての内容が適切に入力されていれば、

登録したEメールアドレスに、以下のメールが届きます。

このメールを受け取ったら、24時間以内に

「Eメールアドレスをご確認ください」

をクリックして、認証を完了してください。

 

認証完了すると、以下のメールが届きます。

ここに、MT5(またはMT4)のIDと、サーバ名が記載されます。

ただし、パスワードは記載されてません。

最初に設定したパスワードを忘れないように注意しましょう。

 

本人確認書類のアップロード方法

ここまできたら、本人確認書類を、

XMのマイページからアップロードします。

 

本人確認書類は、

・マイナンバーカード(通知書不可)、運転免許証、保険証などの身分証明書

・公共料金支払い明細、クレジットカード明細等の住所確認書類

の2種類が必要です。

明細は、住所確認が目的なので、登録住所が記載されている必要があります。

 

これら書類は、デジカメやスマホのカメラで撮影した画像のアップロードで大丈夫です。

 

書類審査に必要な時間は、アップロードのタイミングによります。

XMでは、日本人向けFX口座は、セイシェルライセンスの下で管理しており、

セイシェル(アフリカ東部のインド洋に浮かぶ島国です)の夜間や土日のタイミングで

書類提出した場合、翌営業日の審査になります。

 

私の場合、日本時間の1月3日21時頃に書類を提出しました。

日本では正月の夜ですが、セイシェルでは通常の平日の昼間になることから、

5時間ほどで審査完了、口座の有効化が完了しました。

 

口座の有効化が完了すると、以下のメールが届きます。

 

口座開設、有効化の手続きが完了すると、

ボーナスとして3000円、あなたの口座に入金されます。

ボーナスの出金はできませんが、FX取引に利用でき、

ボーナスで得た利益は出金できます。

 

今すぐ口座開設(下のバナーをクリック)

<口座開設が完了したら、入金しよう>

これでXMの口座開設は完了です。

この状態でも、3000円のボーナスで取引できますが、

本格的に取引するために、口座に入金しましょう。

入金方法は、「XMの入金方法について解説します」で説明します。

コメント

  1. スプレッドはどれくらいですかぐたいてきにおしえてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です