海外FXは安全性がない?真実を語ります

海外FXと聞いて、

何か不安、安全性が心配、と言う方は多いのではないでしょうか?

 

確かに海外FXは、日本の金融庁の認可を受けていません。

しかし、だからこそ、日本の法規制に縛られない、

レバレッジ制限のないサービスを提供できるメリットがあります。

 

海外FXの安全性について、正しい知識を身につけ、

安全な海外FXの見分け方を理解した上で、海外FXを利用すれば、

国内FXの利用者よりはるかに有利な条件でトレードできます。

 

それでは、海外FXの安全性について、これから説明していきます。

 

<金融庁に未登録=危険、ではない>

まず覚えておきたいのが、

日本の金融庁からライセンスを受けていないのが海外FXですが、

日本の金融ライセンスがない事が、イコール危険、とはなりません。

 

そもそも、海外FXは、あえて日本の金融ライセンスを取っていない業者です。

日本の金融ライセンスを取った場合、海外業者と言えども、日本の法律に従わなければなりません。

すなわち、最大レバレッジ25倍まで、

トレーダーの損失補てんをしてはならない、などと言った規制を受けます。

 

これでは、FX本来の、魅力ある取引を提供できないため、

あえて日本の金融ライセンスを取っていないのです。

 

<海外FXを利用しても違法ではない>

日本の金融ライセンスを受けていない海外のFX会社で取引する事に、法的問題はないのでしょうか?

結論から言うと、

全く問題ありません。

日本には、日本在住者が日本国外のFX会社で取引することを禁じる法律はありません。

 

禁止されているのは、海外のFX業者が日本国内で営業活動することです。

一方で、業者ではない個人の口コミは違法ではありませんし、

それを見たユーザが海外FXを使い始めても、法的に全く問題ありません。

 

<安全な海外FXは、金融ライセンスを取得している>

先ほど、海外FXは、日本の金融ライセンスを取得していないと書きました。

しかし、日本以外の国で金融ライセンスを取得している業者であれば、

その国の金融の法律の縛りは受けていることになります。

 

つまり、日本の金融ライセンスがなくても、

海外のどこかの国で金融ライセンスを取得していれば、

その海外FXは安全な業者と言えます。

 

とは言っても、日本で有名な海外FXのライセンスを調べると、

セイシェルやカリブ海、太平洋の小さな島国のライセンスばかりで、

イギリスやオーストラリアと言った、

いかにもメジャーで信頼できる国のライセンスは持っていません。

 

これを聞くと、少し不安に感じるかもしれませんが、

これには、事情があるのです。

 

メジャーな金融ライセンスでは日本人向けサービスを提供できない

実を言うと、イギリスやオーストラリア、キプロスと言った、

メジャーで厳格な金融ライセンスでは、

海外FXの業者が、日本人向けのサービスを提供できません。

 

これは、日本の金融庁が、メジャーな金融ライセンスを持つ国の金融当局に対し、

海外FXと言えど、日本の法律を守るよう、圧力をかけているからです。

 

そうでもしないと、レバレッジ制限があったり、損失補てんのできない日本のFX業者が、

圧倒的に有利な条件を提供する海外FX業者に全く歯が立たず、

つぶれてしまうからです。

(海外業者と競争できるよう、法律の方を変えればいいと個人的に思うのですが…)

 

メジャーな金融ライセンスを持つ国の場合、

日本の金融庁と仲良くやっていきたいので、日本の金融庁の要求に従って、

日本在住者向けのサービス提供ができないのです。

(例:オーストラリアは、かつては日本人向けサービス提供のFX業者がありましたが、

日本の金融庁の圧力を受けて、一斉にサービス提供を停止しています)

 

マイナーな金融ライセンスは、日本の金融庁の圧力を受けにくい

対照的に、セイシェルやカリブ海、太平洋の小さな島国の場合、

国内にこれと言った外貨獲得の産業がなく、

国外在住者向けFXサービスのような金融業が、貴重な外貨獲得産業です。

 

このような国の場合、日本人向けのFXサービスを停止してしまうと、

最悪、国の存亡に関わる問題が発生しかねません。

金融庁の圧力でその国の財政基盤が崩壊したとなれば、

国際問題ですよね。

 

そういう事もあって、マイナーな金融ライセンスを持つ国に対しては、

日本の金融庁も、圧力をかけにくく、

日本人向けサービスを提供する海外FXは、

マイナーな金融ライセンスを取得するのが一般的です。

 

マイナーな金融ライセンスの安全性

ただ気になるのが、マイナーな金融ライセンスが信用できるのか、と言う点です。

だって、他に産業のない国では、外貨獲得のため、

本当はまともじゃない業者に対しても、金融ライセンス発行する可能性もありますから。

 

マイナーライセンスを持つ海外FXの見分け方として、

①マイナーライセンスを持つだけか

②本体はメジャーライセンスを持ち、日本人向けサービスはマイナーライセンスで実施か

ここで判断します。

 

もちろん、①でも、ライセンスがあると言う意味では安心ですが、

②の場合、より安心です。

 

なぜなら、日本人向けサービスの会社が悪質な詐欺や出金拒否などした場合、

本体のライセンスにも悪影響が出るからです。

 

例えば、海外FXの最大手であるXMは、

本体はメジャーで厳格なキプロスでライセンスを取得し、

日本人向けサービスは、マイナーなセイシェルライセンスで実施しています。

(余談ですが、セイシェルライセンスは、マイナーライセンスの中では厳しい部類です)

 

このような海外FXであれば、安全性は高いです。

 

<運営歴の長い海外FXは、安全性が高い>

海外FXの安全性を考える上で、もう1つ重要な点。

それは、運営歴の長さです。

 

なぜなら、運営歴が長いと言うことは、

問題なく、満足のいくサービスを継続的に提供できていることになるからです。

 

運営歴の長さと安全性については、以下の点を基準に調べるとよいでしょう。

①2014年以前から運営している(古ければ古いほどよい)

②ゼロカットシステム(追証・借金リスクなし)を採用している

③2015年1月のスイスフランショック時に、ゼロカットシステムを予定通り実施している

 

スイスフランショックは、未曽有の大暴落相場で、

国内FXの利用者が、一瞬で数百万円、多い人では数千万円の借金を背負う一方、

ゼロカットシステムを採用の海外FXの利用者は、損失のうち、

マイナス分はFX業者が負担してゼロに戻し、借金を抱えずに済みました。

 

が、あまりに暴落が激しかったことから、

ゼロカットシステム採用と言いながら、追証を請求した海外FXもあったようです。

 

これは、スイスフランショック後に、XMが発表した通知です。

マイナス残高の自動的な保護、で、マイナス残高をゼロにリセットし、

会社の規約通りに顧客の借金をなしにしています。

また、XMは、スイスフランショックの影響を受けていないとも書かれてます。

 

こういう実績のある海外FXなら、安心して利用できますね。

 

<海外FXの安全性についての口コミは、調べるサイトが大事>

海外FXの安全性について、

この記事以外の人はどのように思っているだろう、と思って、

さらに調べる方もおられるかもしれません。

 

その場合、まちがった調べ方をすると、事実に基づいた、正しい評価を知ることができません。

まずいのは、金融庁の公式サイトで調べたり、

googleやYAHOO!検索の結果を鵜呑みにしてしまう事です。

 

正しい調べ方については、

安全な海外FXの見分け方:XMの評判は?

に書いたので、この記事だけで不足と言う方は、

正しい調べ方を理解した上で、海外FXの評判を調べてみてください。

 

<まとめと、イチオシの海外FX>

・海外FXは、金融庁のライセンスを、取れないのでなくて、あえて取ってない。

・海外の金融ライセンスを取っている業者なら安全性は高い。

・運営歴の長いFX業者は、安全性と信頼性が高い。

・海外FXの利用は違法でなく、ユーザが口コミ宣伝しても違法ではない。

(ただし、海外FX業者自体は、日本国内で営業活動できない)

 

これら安全な海外FXの条件を、もっとも満たしている業者をあえて1つ選ぶなら、

私は、断然、XMを推します。

XMは、他の海外FX比較サイトでも、断然1位の評価を得ていますし、

FX会社別の検索回数で、

海外FX業者の中で圧倒的に多数検索されている、メジャー中のメジャー業者です。

 

国内FXと違って、レバレッジの制限がなく、ゼロカットシステムを採用しているため、

追証や借金のリスクもありません。

 

また、日本には、

「出る杭は打たれるが、出過ぎた杭は打たれない」

と言う格言がありますが、

海外FXの中で圧倒的1位のシェアを誇り、ユーザも多いXMは、

金融庁から見ても「出過ぎた杭」で、

そうかんたんに、XMに対して、日本人向けサービスの停止を要請できないと思われます。

 

この観点や、過去の実績からも、

XMが、海外FXの中で、もっとも安全性、信頼性が高い業者であると、私は判断します。

 

(XMで取引始めたい方は、以下のバナーをクリックして口座開設してください)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です