ターゲットを1人に絞って記事を書く

前回の記事の中で、「旅するカフカ」の大まかなターゲット選定について書きました。

今回は、さらなるターゲットの絞り方について説明します。

 

<最終的には、ターゲットは1人に絞る>

ネットビジネスの宣伝は、なるべく多くの人に見てもらいたいから、

みんな向けに書いた方がいいと思っている人が多いですが、

それは違います。

むしろ、1人に向けて書いた方が、宣伝としては効果的です。

 

と言うのも、

みんな向けにメッセージを書くと、内容が漠然としてしまい、

読んだ人は「自分向けのメッセージではない」と判断してしまいます。

一方で、ターゲットを絞って書くと、そのターゲットに当てはまる人が、

「これは自分向けのメッセージだ!」と判断し、興味を持って読んでもらえるのです。

ターゲットは絞れば絞るほど、当てはまる人に深く突き刺さり、自分のこととして受け取ってもらえます。

最終的には、1人に向けてメッセージを書くのが理想です。

ターゲットに当てはまらない人でも、読む人が出てくる

ターゲットを1人に絞ったら、他の人が読んでくれないのでは、と思うかもしれません。

しかし、人は、他人の秘密を見たがる本性があります。

例えば、他人のラブレターをこっそり見るようなものです。

ですから、明らかに1人に向けて書いたメッセージは、

それに当てはまらない人でも、こっそり読みたくなるのです。

結果的に、厳密には自分向けではないにも関わらず、そのメッセージは多くの人に読まれ、行動に結び付くのです。

 

<ターゲットとペルソナ>

ターゲットを絞る時、ある特定の人物に対してメッセージを書くようにすると、

読み手に響きやすくなります。

この「ある特定の人物」がペルソナです。ペルソナは、実在、架空、どちらの人物でも構いませんが、

特定の人物ですから、年齢、性別、住んでる地域、仕事、趣味など、細かく設定します。

過去の自分に向けてメッセージを書く

あなたが脚本家でもない限り、特定の人物を細かく設定するのは難しいと思います。

そのような時、どうすればよいかと言うと、

最初は、過去の自分に向けてメッセージを書くようにします。

過去の自分であれば、趣味、悩み、考え方などもはっきり分かりますし、

あなたが売ろうとしている商品の必要性も分かるので、

記事を書くのもそれほど難しくありません。

 

<商品の宣伝は、基本しない、ただし>

メッセージを書くときに、気を付けたいのが、

商品の宣伝をしてはいけない、と言うことです。

読み手にとって大事なのは、読み手自身の悩みを解決してくれることであって、

商品そのものの特徴ではないのです。

商品の宣伝をするのは、あなたのエゴです。人は、エゴイストからはものを買いません。

ビジネス失敗歴のある人がターゲットの場合は別

ただし、既に一度、ネットビジネスで失敗している人をターゲットにするのであれば、話は変わってきます。

例えば、過去に別のネットワークビジネス(MLM)で、

勧誘できない、友達は失う、商品在庫がたまる一方、

と言う苦い経験があり、それでも不労所得の夢を捨てきれない人に向けて、

「旅するカフカ」を紹介するような場合です。

この場合、ペルソナが経験した、失敗の原因(例えば、「勧誘できない」)を書き出し、

その上で、「旅するカフカ」ならネット上でアフィリエイトするだけだから、口コミで誰かを勧誘する必要がないよ、

と、伝えてあげることで、相手の中にある、不信感を少しでも和らげることができます。

 

<とにかく、相手のため、相手第一で考える>

メッセージは、特定の1人に向けて書き、

とにかく、その1人のため、その人のことを第一に考えて書きます。

そこには、売りたいと言う自分のエゴを、少しも交えてはいけません。

 

最後になりますが、ここまで長文を読んでいただき、ありがとうございます。

もし、あなたが「旅するカフカ」に興味を持たれたのであれば、

下の画像をクリック、またはタップしていただき、レターを動画をご覧になる事をお勧めします。

最終的に「旅するカフカ」グループに入った方には、直接、リクルートのノウハウも教えます。

投稿者: jubilo_anshin

79ers(セブンティナイナーズ)の安藤慎哉です。   私はかつて、自宅と会社を行き来してるだけの社畜でした。 しかも、金曜日の夕方に、突如休出が決まることも多く、 休みもうかうか予定を立てられない、 誰のための人生なのか分からない生活を送っていました。   しかし、ネットビジネスを始めたことで、 会社に縛られない自由なライフスタイルと、 会社員にも決して引けを取らない収入源を確保しました。   このブログを訪れたあなたにも、 ネットビジネスを通じて、 お金を稼ぐ方法は、会社の給料だけではない事を実感していただき、 自由なライフスタイルも手に入れてほしいと願っています。   ビジネスで稼ぐなんて、超がつくほど簡単です。 「自分という価値を提供する」 たったこれだけです。   特定のビジネスグループに参加された方には、 私からのフォローがあります。   それでは、自由なライフスタイルを手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です